園長のお話し

「だいじょうぶだよ」

 

 - 井石 彰

新しい年を迎えても、新型コロナウイルスの感染の勢いは止まりません。保護者の皆さまも、大変にご心配のことと思います。そのような中で大切なことは、いたずらに不安になるのではなく、正しく恐れるということです。正しく恐れるとは、コロナウイルスの感染力についてよく知った上で、その予防に努めるということです。幼稚園では今までもそのことに努めてきました。しかし、予防対策をしてもなお感染の不安は残ります。そこで、園児や教職員が感染した場合の感染対策も備えていなければなりません。その時には、場合によっては保健所や市とも相談して、休園措置や予定していた行事の変更などが必要となってきます。保護者の皆さまも、どうぞそのことをご理解ください。
 感染力はコロナだけではなく、不安にもあります。私たちの不安がまわりの人たちをも不安にします。でも、その不安を子どもたちにまで感染させたくはありません。子どもたちには、どんなときにも「だいじょうぶだよ」と言って安心させてあげたいと思います。もちろん、子どもたちにも、「コロナウイルスの病気がはやっているから、よく手洗いをしようね」とか、色々な予防の指導はします。でも、不安のままにはさせたくありません。だから、最後には、かならず「だいじょうぶだよ」と言ってあげたいと思うのです。信頼している親や先生からそう言われると、子どもたちも安心できると思います。子どもたちには、コロナ禍においても安心してのびのびと成長してほしいと思っています。
 私たちもコロナの不安に対処しながら、心の中で「だいじょうぶ」「だいじょうぶ」と唱えていきたいと思います。どんなときにも私たちを見捨てることのない神さまの愛を信じて。そして、このコロナ禍を耐え、乗り越えていきたいと思います。