園長のお話し

サンタクロースはいるよ

 

 - 井石 彰

救い主イエスさまの誕生をお祝いするクリスマスが近づいてきました。子どもたちも心をわくわくしながら、クリスマスを待っています。その子どもたちの楽しみは、何と言ってもサンタさんからのプレゼントです。
今から120年も前に、バージニアという8歳の女の子がアメリカのニューヨークのある新聞社に、「サンタクロースって、ほんとうにいるのですか」という手紙を書きました。その子はお友だちから「サンタクロースなんていないよ」と言われて、とても心配になったのです。手紙を受け取った新聞社の記者は、新聞の社説にその女の子への返事を書きました。その社説は、それを読んだ大人たちの間に大きな反響を巻き起こしました。
「バージニア、サンタクロースがいるというのは、決してうそではありません。この世の中に、愛や人への思いやりや、まごころがあるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。あなたにも、わかっているでしょう。世界に満ちあふれている愛や、まごころこそ、あなたの毎日の生活を美しく、楽しくしているものなのだということを。もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中は、どんなに暗く、さびしいことでしょう。・・・サンタクロースがいなければ、人生の苦しみをやわらげてくれる子どもらしい信じる心も、詩も、夢見る心もなくなってしまうでしょうし、私たち人間のあじわう喜びは、ただ目に見えるもの、手でさわるもの、感じるものだけになってしまうでしょう」。記者がこの返事をとおして人々に伝えたかったこと、それは目に見えないことの中にも、私たちに愛と希望と喜びを与えてくれる真実の世界があるということでした。
クリスマスは目に見えない真実の世界へと目を向けるときです。その見えない世界とは、神さまの愛と恵みの世界です。救い主イエスさまはその世界をこの世の人々にもたらすために来てくださいました。そのことを共に喜び、祝いたいと思います。